HOME > ニュース > 神楽坂だより2 ?飯田橋から神楽坂を巡って会社まで?

神楽坂だより2 ?飯田橋から神楽坂を巡って会社まで?

2008 年 8 月 21 日

我らが神楽坂。飯田橋から会社まで徒歩12分。JR飯田橋駅からもこんなに近いところに好学出版はあります。
でも、神楽坂の入り組んだ路地を通るので、とってもわかりにくい。飯田橋から会社まで歩いた人は少ないんじゃないでしょうか。
そこで、最もわかりやすくて、びっくりするほど早くて、そして名所めぐりもできる、3拍子そろったお得なルートを紹介します。
もちろん初めて歩く人でも道を間違えないような万全の説明です。

JR飯田橋西口から神楽坂下まで(徒歩1分)

神楽坂入り口まず、JR飯田橋西口を出て、右手に坂を降りていきます。外濠(江戸城を取り囲むいちばん外側にあった濠)にかかる橋を渡った交差点が神楽坂下、ここは海抜4メートル。ここが神楽坂のスタートです。
このあたりは、江戸時代には隅田川、神田川をさかのぼっての船の往来も頻繁だったそうです。
今でも、積荷の荷揚げ場に由来した揚場町や神楽河岸の地名が残っています。
?

神楽坂下から毘沙門さんまで(徒歩3分)

毘沙門神楽坂を毘沙門さんまで一気に上ります。毘沙門さんは坂を上りきったところにあって、ここが海抜22メートル。坂の両側にはビルがびっしりですが、こんな急斜面によく建つなあと思うくらいに無理やり建てています。
毘沙門さんは神楽坂のシンボルなので、ここを間違える人はいませんね。着物姿のおねえさんがたを見かける夕方になると、神楽坂の匂いもぐっと濃くなります。
?

毘沙門さんから割烹加賀まで(徒歩1分)

割烹加賀毘沙門さんの手前の道を、左折して道なりに進むと、四つ角に出ます。この四つ角右前に割烹加賀があります。玄関はちょっとだけ高級な雰囲気ですが、実際には懐具合もそれほど気にしないで大丈夫です。広い部屋でゆっくり食事できるのがいいところです。
?

割烹加賀から島田さんちまで(徒歩4分)

島田氏邸割烹加賀の四つ角を右折して、道なりにどんどんどんどん、くねくねくねくねと坂を上っていきます。
坂を上りきったところの四つ角を左折して進んでいくと、警視庁が24時間警備している島田さんちが見えてきます。家の前で手に杖を持った人が何時も立っているのでよく分かります。
島田さんが外出するところに遭遇しましたが、そのときは、前の道を3人がかりで封鎖して、門を開けて車を出していました。
島田さんは三権の長なので、この家に住むことになっています。
ちなみに三権とは立法権、行政権、司法権のことですが、その長は日本には4人います。これは、立法権の長が、衆議院議長と参議院議長の2人いるためです。
?

島田さんちから会社まで(徒歩3分)

警備の前を通り越してすぐ、島田さんちのちょうど真ん中に突き当たる道を右折します。その道を真っ直ぐ進み、突き当りを右折、道なりに進むと、好学出版の通用口です。
この辺は、高級住宅街で黒塗りの車がたくさん止まっています。また、外国人もたくさん住んでいて、毎朝、フランス語の元気な会話が聞かれます。

夜はこの逆をたどって、我らが神楽坂に通います。

以上 JR飯田橋西口から12分 神楽坂を巡って会社までの巻 でした。

カテゴリー: 神楽坂だより

バックナンバー

ページの先頭へ