HOME > ニュース > 2010年11月の記事一覧

コア編集日記<算数>

2010 年 11 月 9 日

問題量の多さと繰り返し学習の徹底強化

新学習指導要領に合わせて,コアを改訂することになりましたが,コア算数といえば,何といっても分量の多さが魅力ではないでしょうか。23年度からの新教科書も算数の場合は全学年において増ページになり,また内容も充実し,もちろん問題数も増えており,コアの魅力はそのままにしたいと思いました。

ただ,問題数が多すぎてやりきれないという先生の声をお聞きすることがありました。そのため,問題を選びやすくすることを意識し,例題で扱ったパターンの解法を,「確認問題⇒練習しよう?と?⇒章末問題⇒チャレンジ問題」で段階的にレベルを上げながら扱うことで解消し,また生徒の定着率を上げることにも効果的な仕組みにしました。

ですので,分量の多いしっかりとした教材を望まれる先生にはもちろんのことですが,今までコア算数を気に入って使っていただいていた先生にも安心してお使いいただけるのが新コアなのです。

?

学習内容の増加

算数は新指導要領で大幅に学習内容が増加します。各教科書で習う順序も様々です。ですから,コアの単元順を決めるには非常に苦労しました。生徒の学習が無理なく進むことができるように,各教科書の単元順を見比べながらこれが最適だと思われるコア独自の単元順を考えました。未習で迷うことがないように,その学年で習うことは他の単元には極力扱わないようにしています。

また,例題パターンの選択や問題をどのレベルまで掲載するかなど細かく教科書と照らし合わせ検討しました。教科書レベルの理解はもちろんですが,数学の土台となる算数の確実な学力がみにつけさせることができるのが新コアなのです。

好学出版 編集部 大久保智代

カテゴリー: 好学ニュース

バックナンバー

ページの先頭へ