HOME > ニュース > 2010年11月の記事一覧

2011年新刊情報ページ開設のお知らせ

2010 年 11 月 24 日

2011年度に発刊する教材の紹介を「2011年新刊情報」に掲載しました。

見本受付も行っております。

ぜひご覧ください。

2011年新刊情報

?

カテゴリー: 更新情報

冬期教材・受験教材の移行対応,資料更新のお知らせ

2010年度に実施されている数学・理科の移行措置に対応しまして,以下の教材に移行対応を行いました。詳細は各教材ページよりご覧ください。

・コアウインター算数

・ウイニングウインター数学

・ウイニングウインター理科

・ウイニングウインターPLUS数学

・入試ハンターG数学

・入試ハンターG理科

・数学 入試必答問題の完成

・理科 実験・観察の完成

・理科 記述問題の完成

・全問必答問題集 理科

?

また,以下の教材につきましては資料更新を行いました。
あわせてご確認いただけますよう,お願いいたします。

・ウイニングウインター 社会 ?

カテゴリー: 更新情報

コア編集日記<国語>

●コア独自の「二度読み」のしくみで,本物の読解力が身につく

「読解力の指導は難しい」「生徒の読解力がなかなか上がらない」といったお悩みを,先生方からお聞きすることがあります。子どもの国語力の低下が叫ばれて久しいですが,従来の指導法では成果が上がらないケースも増えてきているのではないでしょうか。
コア国語には,最も効果的に読解力をつけさせる「二度読み」という独自のしくみがあります。「二度読み」とは,その名の通り,同じ文章を2回読むしくみです。
一度目の読み(「読んでみよう」)では,文章を読んでいく順序に沿って出題される問題を解きながら,その内容を要約(文章の精読を作業化)し,文章の内容をつかみます。つまり,ここで出題される問題は,いわゆる通常の演習問題のように,読解できたかどうかを試すものではありません。文章の内容を理解させるための問題なのです。
二度目の読み(「考えてみよう」)では,通常の演習問題を出題しています。「読んでみよう」と同じ文章を用いた問題で,「読んでみよう」で文章の内容がきちんとつかめたのかをチェックするとともに,多くの設問パターンに触れ,解法を身につけることができます。
このしくみにより,読解が苦手な生徒にも,無理なく読解力を身につけさせることができます。読解力の指導にお困りの先生には,ぜひお使いいただきたい一冊です。

●改訂のポイント

改訂版コア国語の主な特長は,以下の通りです。
?二度読みのしくみで,確かな読解力を養成
?豊富な特集ページで,総合的に読解力を養成
?読解に最適な良作を掲載
・小学教材として定評のある作品から最新の作品まで,バランスよく掲載。新旧の名作で,総合的に読解力を養います。
・当該学年の児童が興味のもてるテーマの題材を中心に掲載。意欲的に,楽しみながら学習を進めることができます。
?5・6年は読解テーマ別(読解テクニック別)の単元立てに変更
・旧版のコアでは「友情」などの文章内容別の単元立てで構成していましたが,改訂版では,読解に必要なスキルを系統的に身につけられるよう,「指示語をとらえる」などの読解テーマ別の単元立てに変更しました。

 以上のように,コア国語には,確かな国語力を養えるようにさまざまな工夫がこらされています。ご審査用見本を,ぜひご覧ください。

好学出版編集部 佐藤

カテゴリー: 好学ニュース

2011年度新刊見本受付のお知らせ

2010 年 11 月 16 日

2011年度発刊の教材につきまして,見本本の出荷を開始しました。
2011年度に改訂しました以下の教材につきましても,順次出荷を開始しております。

・小学問題集コア(国語・算数)

・ウイニング(理科)

・ウイニングフィニッシュ(理科)

・力がつく計算ドリル

(小学問題集コア理科・社会は11月29日以降の出荷となります)

見本を希望される方は,お問い合わせフォームより必要事項・希望教材等をご記入のうえご注文ください。

皆様のご注文をお待ちしております。

カテゴリー: 好学ニュース

理科の教科書の学年分冊について

2010 年 11 月 10 日

平成24年度から中学理科の教科書が学年分冊に変更されます

その経緯は以下の通りです。

?

平成10年12月告示の,平成14年4月1日から試行されている現行の学習指導要領では,次のように記されています。

?今回,内容の取扱いの順序については,各学年ごとに取り扱う標準的な項目を示すことはしないで,内容の(1)から(7)までをこの順序で取り扱うこととし,3学年を通して,各分野におよそ同程度の授業時数を配当することとした。

ここでいう(1)から(7)とは,次のことを言っています。

1分野 (1) 身近な物理現象,(2) 身の回りの物質,(3) 電流とその利用,(4) 化学変化と原子,分子
     (5) 運動の規則性,(6) 物質と化学変化の利用,(7) 科学技術と人間

2分野 (1) 植物の生活と種類,(2) 大地の変化,(3) 動物の生活と種類,(4) 天気とその変化
     (5) 生物の細胞と生殖,(6) 地球と宇宙,(7) 自然と人間

?

つまり,「(1)から(7)について,どの学年でどこを学習するかの規制はしないが,1分野と2分野それぞれについて(1)から(7)をこの順序で取り扱うこと」と言っています。

言いかえれば,それを守れば,(1)から(7)をどの学年で学習するかは,各学校の裁量に任せられていました。

?

対して,平成20年9月告示の,平成24年4月1日から試行される新学習指導要領では,次のように記されています。

今回,内容の取扱いの順序については,内容の系統性に配慮しつつ地域の特性などを生かした学習ができるように,各学年ごとに取り扱う標準的な項目を示すこととし,各学年において,年間を通して,各分野におよそ同程度の授業時数を配当することとした。

つまり,「各学年で取り扱う内容を決めた」と言っています。

また,学習順序の取り扱いの規制がなくなりましたので,各学年においてどの内容をいつ学習するかは,各学校の裁量に任せられることとなりました。

この新学習指導要領を踏まえて,教科用図書検定調査審議会は,平成20年12月25日の「教科書の改善について」という報告書の中で,次のように述べています。

(中学校理科の分冊形態)
◇ 現在の中学校理科の教科書の分冊形態については,学習する内容が第1分野及び第2分野に分けられていることに対応した分冊の形態となっているが,新しい学習指導要領においては,学年ごとの学習内容が示されたことから,教科書の分冊形態を学年ごとの分冊となるようにする必要がある。

つまり,平成24年度から使用される中学理科の教科書は,現在の「1分野上下・2分野上下の4分冊」ではなく,「1年・2年・3年の3分冊」に変更されることとなりました。

また,学習順序の規制がなくなったことで,教科書内で扱う学習順序が自由になりました。このことから,新教科書では,教科書会社ごとに掲載する順序が異なることが予想されるうえ,各学校での学習順序も千差万別になることが予想されます。

好学出版編集部 理科担当 藤原

?

カテゴリー: 教育ニュース

バックナンバー

ページの先頭へ