HOME > ニュース > 2009年11月の記事一覧

小学校のまとめウィル編集日記11月号算数編

2009 年 11 月 25 日

中学校で数学を学習する際、ほとんどの学校で算数の知識は理解できているものとして授業は進んでいきます。つまり、算数の知識がないと数学を理解するのは難しいのです。

ウィル算数は、数学を学ぶ上で必要な知識を、例題・確認問題で確認し、練習問題で定着させマスターできる仕組みになっています。さらに、総合問題で力試しを行い、チェック問題でマスターできているかを最終的に確認することにより、知識の取りこぼしがないかの確認もできるようになっています。

ウィル算数で、算数マスターになり、中学でのスターを目指そう!

好学出版編集部 枡田忠史

カテゴリー: 好学ニュース

ウイニング編集日記11月号国語編

2009 年 11 月 16 日

 ウイニングとウイニングPLUS、あわせて6冊の改訂が決まり、いよいよ製作開始となった。国語の力をつけさせるのは難しいという話をよく耳にするが、先生も生徒も使いやすく、効率的に読解力を習得できる国語教材を作りたい、その一念でウイニング改訂作業に臨んだ。

?

 国語の教材製作においては、問題作成などの内容面での苦労もさることながら、「著作権許諾作業」に大変な労力を要する。問題に使用する作品には著者の掲載許諾が必要である。6冊合わせて、700点近くの許諾を取らなければならない。申請書類を作成するだけで一苦労だ。

?

 申請書類を発送してから数週間が過ぎたある日、著作権担当の一人であるAさんが心配そうな顔で私に言う。「B先生、許諾書が返ってこないんですよね…。そろそろ督促状を出しましょうか」 いつもなら、B先生はすぐにお返事をくれる方なのだが、どうしたのだろう。Aさんに督促状を出すようにお願いして、少し様子を見ることにした。

?

 督促状を出してからしばらく経っても、B先生からまったく音沙汰がない。思い切ってご自宅に電話をかけてみたところ、「転居のためこの番号は取り外されました」のアナウンス! 引越しされていたのだった。郵送した申請書類は宛先不明で戻ってきてはいなかったので、転送の手続きはなさっているようなのだが、お引越しのご多忙の折、先生のお手元に書類が届いていないことは、十分想像できる。

?

 結局、このB先生の許諾書は、作品出版元の出版社に協力を頂き、ご転居先へ書類を再送して許諾書を頂戴することができたが、毎回このようにうまくいくわけではない。連絡先がどうしても判明せず、原稿が出来上がっていても、使用をあきらめて原稿を差し替えることもある。

?

 質のよい国語の教材には、質のよい作品が欠かせない。学習にふさわしい作品を掲載するために尽力した「ウイニング」、是非ご使用ください。

?

好学出版編集部 佐藤

カテゴリー: 好学ニュース

22年度版ウイニング・ウイニングPLUS見本本出荷のお知らせ

2009 年 11 月 11 日

大変長らくお待たせいたしました。

本日より、22年度版ウイニング・ウイニングPLUSのご審査用見本の出荷を順次開始しました。

見本本のご要望の際は、お問い合わせフォームよりお申し込みください。

皆様のご要望をお待ちしております。

カテゴリー: 好学ニュース

11月トップページ・新刊情報を更新しました

2009 年 11 月 9 日

11月より、トップページ・新刊情報ページを更新しました。

新刊情報ページでは、ウイニング・ウイニングPLUSの単元表など、
最新情報を掲載しました。

?

ぜひご覧ください。

?

新刊情報ページはこちらから

?

カテゴリー: 更新情報

ウイニング編集日記11月号数学編

「21年度版移行措置冊子」作成などの従来経験したことがない編集作業が終わり、ほっとする間もなく、22年度発刊の「ウイニング」の改訂作業が始まった。ウイニングは自社のメイン教材であり、この教材を改訂ができることはとても重要な意味をもち、入社以来の願いがかなったとも言える。

どのようにしたら、先生と生徒の視線にたった、使いやすく、理解しやすい教材になるのだろうか。そのために、塾への調査や他社教材・教科書の分析に日々を費やした。何度も他教科の編集部員や営業部員と会議し、企画を練り上げていった。現行版ウイニング数学の良さである繰り返し演習できる仕組みや豊富な問題量は継続し、最新の入試傾向を反映した、レベルとパターン別にこだわった企画が出来上がった。

?

企画に多くの特徴を盛り込んだため、原稿の上がりは遅れ、企画実現の難しさを知った。小学校の移行措置作業などもあったので、頭の切り替えにも苦労した。数ヶ月で今回のような分量をこなすのも初めて経験するし、正直なところ不安でいっぱいだった。

しかし、教科書を片手に原稿を確認する度に、今まで気がつかなかった知識を得ることもあり、手ごたえややりがいを感じながら、必死に編集作業を続けた。

?

8月の夏期休暇直前に移行措置の関連から、再校段階にもかかわらず一部内容の差し替えをした。期日に間に合わないとあきらめてしまった瞬間もあったが、夏季休暇中に変更案を検討し、外部の校正者に無理を承知で協力してもらった。

?

おかげで、無事に校了を迎えることができた。「ウイニング 数学」は先生と生徒にとって本当に使いやすい教材、しっかりと数学の演習と理解のできる教材として間もなく発刊される。

?

好学出版編集部 枡田 忠史

カテゴリー: 好学ニュース

ページの先頭へ