HOME > 新学習指導要領・移行措置の解説

新学習指導要領・移行措置の解説

小学校は2020年度から、中学校は2021年度から新学習指導要領が始まります。ここでは、新学習指導要領のポイントを解説するとともに、新学習指導要領開始に先立ち2019年度以降の移行措置内容のポイントと、教材と併用するための移行措置対応資料をご紹介します。

新学習指導要領のポイント

新学習指導要領を、教科、および小学校・中学校に分けたガイドとしてまとめました。 以下のリストからPDF資料をダウンロードし、
ご利用ください。

  小学校 中学校
国語 国語pdf 国語pdf
算数・数学 算数・数学pdf 算数・数学pdf
理科 理科pdf 理科pdf
社会 社会pdf 社会pdf
英語 英語pdf 英語pdf

【見本】

このページの先頭へ

移行措置内容のポイント

新学習指導要領の開始に先立ち、2018年度から移行措置が実施されています。ここでは、2019年度、2020年度に実施される移行措置内容をまとめました。

小学校

小学校は、2020年度から新学習指導要領が始まり、2019年度には以下の移行措置が実施されます。
●…追加項目、◎…省略項目

教科 学年 2019年度
国語 4年・5年 ●新学習指導要領の漢字を学習…4年には都道府県名の漢字25字が追加
【都道府県名の漢字】
5年から移動(4字) … 賀,群,徳,富
6年から移動(1字) …
中学から移動(20字)… 茨,媛,岡,賀,潟,岐,熊,群,香,佐,埼,崎,滋,鹿,城,縄,井,沖,徳,栃,奈,梨,阪,阜,富
算数 4年 ●メートル法 …………………………… 面積に関するメートル法を学習します。
●小数を用いた倍 ……………………… 現行の教科書で扱っている教科書会社もあります。
●簡単な場合についての割合 …………数量の関係を倍を使って比べる方法を学習します。
5年 ●メートル法 …………………………… 体積に関するメートル法を学習します。
●速さ …………………………………… 2019年度は、5年生・6年生がともに学習します。
◎分数×整数,分数÷整数 …………… 2020年度からは、6年生で学習します。
理科 4年 ◎光電池の働き ………………………… 2020年度からは、6年生で学習します。
5年 ◎水中の小さな生き物 ………………… 2020年度からは、6年生で学習します。
6年 ◎電気による発熱 ……………………… 2021年度からは、中学2年生で学習します。

このページの先頭へ

中学校

中学校は、2021年度から新学習指導要領が始まり、2019年度と2020年度には以下の移行措置が実施されます。
●…追加項目、◎…省略項目

教科 学年 2019年度
国語 1年 ●都道府県名の漢字20字を学習
数学 1年
●素数の積………………………………… 2019年度と2020年度は、1年生・3年生がともに学習します。
●累積度数………………………………… 高校数学から移行してきた内容です。
◎誤差や近似値、a×10nの形の表現 2021年度からは、3年生で学習します。
理科 1年
●2力のつり合い ……………………… 2019年度と2020年度は、1年生・3年生がともに学習します。
●自然の恵みと火山災害・地震災害 2019年度と2020年度は、1年生・3年生がともに学習します。
◎水圧 …………………………………… 2021年度からは、3年生で学習します。
教科 学年 2020年度
国語 1年・2年 ●都道府県名の漢字20字を学習
数学 1年 2019年度の移行措置内容に加えて
●統計的確率 …………………………… 2020年度は、1年生・2年生がともに学習します。
2年 ●四分位範囲、箱ひげ図 ……………… 高校数学から移行してきた内容です。
理科 1年 2019年度の移行措置内容に加えて
●動物の仲間…………………………… 2020年度は、1年生・2年生がともに学習します。
◎圧力…………………………………… 2021年度からは、2年生で学習します。(水圧は3年生です。)
◎葉・茎・根のつくりと働き ………… 2021年度からは、2年生で学習します。
2年 ●放射線の性質と利用………………… 静電気と電流のところで、少し内容が付加されます。
●自然の恵みと気象災害……………… 2020年度は、2年生・3年生がともに学習します。
◎生物の変遷と進化…………………… 2021年度からは、3年生で学習します。

このページの先頭へ

2019年度 移行措置対応資料と移行措置対応方法

小学 国語

読む・書く漢字 に対応する移行措置対応資料(PDF)を掲載しています。
以下よりダウンロードして、読む・書く漢字 と合わせてお使いください。

移行措置内容 移行措置対応資料
4・5年 都道府県名の漢字
(新学習指導要領で4年生に移動となる漢字)

4年は、商品に印刷物もはさみ込まれています。

●移行措置対応方法●

  • 読む・書く 漢字
  • 【4・5年】
    都道府県の名産品や名所を知りながら、
    楽しく都道府県名の漢字を学習できます。
    学習時期に決まりはありません。
    16ページの冊子になりますので、
    季節講習など使いやすい時期にご使用ください。

このページの先頭へ

小学 算数

小学問題集コア、コアキューブ、算数ドリル、力がつく計算ドリルに対応する移行措置対応資料(PDF)を掲載しています。
以下のリストよりダウンロードして、お手持ちの教材と合わせてお使いください。

移行措置内容 移行措置対応資料
小学問題集コア
コアキューブ
算数ドリル 力がつく計算ドリル
4年 簡単な場合についての割合(追加)
小数を用いた倍(追加)
 
5年 速さ(追加)
分数×整数,分数÷整数(省略)

5年は、商品に印刷物もはさみ込まれています。

●移行措置対応方法●

以下に、各資料を使用するタイミングや省略する問題を、教材別にまとめてあります。
●は追加項目,◎は省略項目です。

  • 小学問題集コア
    コアキューブ
  • 算数ドリル
  • 力がつく計算ドリル
  • 【4年】

    ●簡単な割合
    ・第7章 単元13の後で、移行措置対応資料をお使い下さい。

    ●小数倍
    ・本誌の第12章 単元24の例題4をお使い下さい。

    【5年】

    ●速さ
    ・第7章 単元15の後で、移行措置対応冊子をお使い下さい。

    ◎分数×整数,分数÷整数
    第8章 単元19は省略して下さい。
    第8章の「つよくなろう」「章末問題」「チャレンジ問題」
    において、「分数×整数,分数÷整数」の問題は省略して下さい。
  • 【4年】

    ●簡単な割合
    ・Book2 単元⑥の後で、移行措置対応資料をお使い下さい。

    ●小数倍
    ・Book4 単元⑫の55、56をお使い下さい。

    【5年】

    ●速さ
    ・Book3 単元⑨の後で、移行措置対応冊子をお使い下さい。

    ◎分数×整数,分数÷整数
    ・Book5 単元⑭は省略して下さい。

  • 【4年】

    ●簡単な割合、小数倍
    どちらも、ドリル要素の低い内容であるため、
    移行措置対応の必要はありません。

    【5年】

    ●速さ
    ・単元40の後で、移行措置対応冊子をお使い下さい。

    ◎分数×整数,分数÷整数
    ・単元 54~58、76は省略して下さい。

このページの先頭へ

小学 理科

小学問題集コア、小学校のまとめウィルにおいて、移行措置に伴い省略する内容を、以下にまとめてあります。

  • 小学問題集コア
  • 小学校のまとめ ウィル
  • 【5年】

    ◎水中の小さな生き物
    第3章 単元8「水中の小さな生き物」は省略してください。

    【6年】

    ◎電気による発熱
    第8章 単元19「電流による発熱と利用」2 電熱線の太さと発熱 は省略してください。

  • ◎電気による発熱
    単元15「電流と電磁石」
    ・p.58 3 電気の利用 (1) 電気の利用 の3行目
    「太い電熱線ほど発熱する量が大きい」は省略してください。
    ・p.61 <電気の利用> (1)~(3) は省略してください

このページの先頭へ

中学 数学

ウイニング、ワイド版ウイニング、ウイニングスプラウト、ウイニングPlus、みにつく数学、新ワークに対応する移行措置対応資料(PDF)を掲載しています。以下よりダウンロードして、お手持ちの教材と合わせてお使いください。

移行措置内容 移行措置対応資料
ウイニング
ワイド版ウイニング
ウイニング
スプラウト
ウイニング
Plus
みにつく数学
1年 素数の積(追加)
累積度数(追加)
誤差や近似値(省略)
a×10nの形の表現(省略)
新ワーク
東書
新ワーク
啓林
新ワーク
学図
新ワーク
教出
新ワーク
大日
新ワーク
数研
新ワーク
標準

●移行措置対応方法●

以下に、各資料を使用するタイミングや省略する問題を、教材別にまとめてあります。
●は追加項目,◎は省略項目です。

  • ウイニング
    ワイド版ウイニング
  • ウイニングスプラウト
  • ウイニングPlus
  • みにつく数字
  • ●移行1 「素数の積」

    単元5 「正負の数の利用」の後にご使用ください。

    ●移行2 「累積度数」

    単元27 「資料の活用」の後にご使用ください。

    ◎単元27 p.211「近似値と誤差・有効数字」
    p.212大問4,p.213大問4,p.214大問2
    p.221大問5

    は省略してご使用ください。

  • ●移行1 「素数の積」

    単元6 「正負の数の利用」の後にご使用ください。

    ●移行2 「累積度数」

    単元27 「資料の活用」の後にご使用ください。

    ◎単元32「近似値、有効数字」は省略してご使用ください。

  • ●移行1 「素数の積」

    単元5 「正負の数の利用」の後にご使用ください。

    ●移行2 「累積度数」

    単元27 「資料の活用(1)」の後にご使用ください。

    ◎単元28 p.191テーマ4「近似値」・テーマ5「有効数字」
    p.192大問3,p.193大問3,p.194大問3・4
    p.195大問3・4・5, p.196大問2,p.197大問4

    は省略してご使用ください。

  • ●移行1 「素数の積」

    21回 「正負の数の四則(3)」の後にご使用ください。

    ●移行2 「累積度数」

    88回 「資料の活用(4)」の後にご使用ください。

    ◎90回「近似値、有効数字」は省略してご使用ください。

  • 新ワーク
    東書
  • 新ワーク
    啓林
  • 新ワーク
    学図
  • 新ワーク
    教出
  • 新ワーク
    大日
  • 新ワーク
    数研
  • 新ワーク
    標準
  • ●移行1 「素数の積」

    単元4  p.27テーマ22「正負の数の利用」の後にご使用ください。

    ●移行2 「累積度数」

    単元18 p.154テーマ3「相対度数」の後にご使用ください。

    ◎単元18 テーマ7「近似値」
    テーマ8「有効数字」
    p.158大問1㋓,4,5 
    p.159大問2,3
    p.160大問1㋓,大問5

    は省略してご使用ください。

  • ●移行1 「素数の積」

    単元4  p.29テーマ25「正の数・負の数の利用」の後にご使用
    ください。

    ●移行2 「累積度数」

    単元18 p.149テーマ4「相対度数」の後にご使用ください。

    ◎単元19 テーマ11「真の値の範囲」
    テーマ12「有効数字」
    p.158大問1㋔~㋖,5
    p.159大問4
    p.160大問1㋕~㋗,4,5

    は省略してご使用ください。

  • ●移行1 「素数の積」

    単元4  p.23テーマ22「数の集合と四則」の後にご使用ください。

    ●移行2 「累積度数」

    単元20 p.154テーマ7「相対度数」の後にご使用ください。

    ◎単元20 テーマ8「近似値と誤差」
    テーマ8「有効数字」
    p.158大問3,4
    p.159大問1
    p.160大問1㋓~㋔,4

    は省略してご使用ください。

  • ●移行1 「素数の積」

    単元4  p.27テーマ24「正の数、負の数の活用」の後にご使用
    ください。

    ●移行2 「累積度数」

    単元18 p.151テーマ4「相対度数」の後にご使用ください。

    ◎単元19 テーマ8「近似値と誤差」
    テーマ9「有効数字」
    p.158大問4,5
    p.159大問1,2
    p.160大問1㋓,5,6

    は省略してご使用ください。

  • ●移行1 「素数の積」

    単元3  p.23テーマ23「正の数、負の数の利用」の後にご使用
    ください。

    ●移行2 「累積度数」

    単元17 p.150テーマ5「相対度数」の後にご使用ください。

    ◎単元17 テーマ8「近似値と誤差」
    テーマ9「近似値の表し方」
    p.152大問2,3
    p.160大問2,3

    は省略してご使用ください。

  • ●移行1 「素数の積」

    単元4  p.27テーマ26「正の数、負の数の利用」の後にご使用
    ください。

    ●移行2 「累積度数」

    単元18 p.151テーマ4「相対度数」の後にご使用ください。

    ◎単元19 テーマ8「近似値と誤差」
    テーマ9「有効数字」
    p.158大問1㋓,5,6
    p.159大問2,3
    p.160大問1㋔,5

    は省略してご使用ください。

  • ●移行1 「素数の積」

    単元4  p.27テーマ22「正負の数の利用」の後にご使用ください。

    ●移行2 「累積度数」

    単元18 p.154テーマ3「相対度数」の後にご使用ください。

    ◎単元18 テーマ7「近似値」
    テーマ8「有効数字」
    p.158大問1㋓,4,5 
    p.159大問2,3
    p.160大問1㋓,大問5

    は省略してご使用ください。

このページの先頭へ

中学 理科

ウイニング、ウイニングスプラウト、新ワークに対応する移行措置対応資料(PDF)を掲載しています。
以下よりダウンロードして、 お手持ちの教材と合わせてお使いください。

移行措置内容 移行措置対応資料
ウイニング ウイニングスプラウト
1年 2力のつりあい(追加)
自然の恵みと火山災害・地震災害(追加)
水圧(省略)
中学理科pdf 中学理科pdf
新ワーク
東書
新ワーク
啓林
新ワーク
大日
新ワーク
学図
新ワーク
標準
中学理科pdf 中学理科pdf 中学理科pdf 中学理科pdf 中学理科pdf

新ワークは、商品に印刷物もはさみ込まれています。

●移行措置対応方法●

以下に、各資料を使用するタイミングや省略する問題を、教材別にまとめてあります。
●は追加項目,◎は省略項目です。

  • ウイニング
  • ウイニングスプラウト
  • ウイニング

    ●2力のつり合い

    3章 身近な物理現象 単元13「力のはたらき」 四角3 力の表し方(5)
    に移行措置対応資料を付加してお使いください。

    ●自然の恵みと火山災害・地震災害

    4章 大地の変化 単元16「地震」まで学習した後で、
    移行措置対応資料をお使いください。

    ◎水圧

    3章 身近な物理現象 単元14「圧力」四角2 水の圧力 は
    省略してください。
    強化学習5「圧力」、図表整理「身近な物理現象」、用語③、
    記述③ の中の水圧に関する問題は省略してください。
  • ウイニングスプラウト

    ●2力のつり合い

    3章 身近な物理現象 単元24「力の大きさとばねののび」
    を学習した後で移行措置対応資料をお使いください。

    ●自然の恵みと火山災害・地震災害

    4章 大地の変化 単元27「マグマと火山」~単元30「地震の原因」を学習した後で、移行措置対応資料をお使いください。

    ◎水圧
    3章 身近な物理現象

    単元26「水圧」、特集7「水圧」、章のまとめ⑶大問5
    は省略してください。

  • 新ワーク
    東書
  • 新ワーク
    啓林
  • 新ワーク
    大日
  • 新ワーク
    学図
  • 新ワーク
    標準
  • ●力のつり合い

    3 身のまわりの現象 単元13 の後で、移行措置対応資料を
    お使いください。

    ●大地の変動による恵みと災害

    ・4 大地の変化 単元15 4 火山活動による災害
    単元16 3 地震と災害

    に、移行措置対応資料を付加してお使いください。

    ◎水圧

    3 身のまわりの現象 単元14 2 水中ではたらく力
    は省略してください。
    重要実験のトレーニング② は省略してください。
  • ●自然からの恩恵と自然災害

    活きている地球 単元6 2 地震が起こるしくみ・地震による災害
    に、移行措置対応資料を付加してお使いください。
    活きている地球 単元7の後で、移行措置対応資料を
    お使いください。

    ●力のつり合い

    光・音・力による現象 単元17 の後で、移行措置対応資料を
    お使いください。

    ◎水圧

    光・音・力による現象 単元18 2 水中の物体にはたらく力 
    は省略してください。
    重要実験のトレーニング 3 例題2 水圧,例題3 浮力
    は省略してください。
  • ●力のつり合い

    3 身近な物理現象 単元13 の後で、移行措置対応資料を
    お使いください

    ●自然環境がもたらす災害とめぐみ

    4 大地の変化 単元15 の後で、移行措置対応資料を
    お使いください。
    4 大地の変化 単元16 地震とは何か
    に、移行措置対応資料を付加してお使いください。

    ◎水圧

    3 身近な物理現象 単元14 2 水圧と浮力
    は省略してください。
    重要実験のトレーニング③ 例題2 水圧,例題3 浮力
    は省略してください。

  • ●力のつり合い

    A-2 身のまわりの現象 単元8 の後で、移行措置対応資料を
    お使いください。

    ●自然の恵みと災害

    B-2 変動する大地 単元15 、単元16 の後で、移行措置対応資料をお使いください。

    ◎水圧

    A-2 身のまわりの現象 単元9 2 (1)水圧、(2)浮力
    は省略してください。
    重要実験のトレーニング④ は省略してください。

  • ●力のつり合い

    3 身のまわりの現象 単元13 の後で、移行措置対応資料を
    お使いください。

    ●大地の変動による恵みと災害

    ・4 大地の変化 単元15 4 火山活動による災害
    単元16 3 地震と災害

    に、移行措置対応資料を付加してお使いください。

    ◎水圧

    3 身のまわりの現象 単元14 2 水中ではたらく力
    は省略してください。
    重要実験のトレーニング② は省略してください。

このページの先頭へ